DSpace Fukushima Medical University

福島県立医科大学学術成果リポジトリ = Fukushima Medical University Repository >
A 医学部 = School of Medicine >
a10 学術雑誌論文 = Journal Article >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.fmu.ac.jp/dspace/handle/123456789/655

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jjsicm_24_535.pdf390.47 kBAdobe PDFダウンロード
タイトル: 救急/集中治療領域のdifficult airway managementにおける声門上器具 ─その役割を再考する
その他のタイトル: Reappraising the role of supraglottic airway devices for difficult airway management in critical care and emergency medicine
著者: 大野, 雄康
篠原, 一彰
谷川, 攻一
学内所属: 救急医療学講座
ふくしま国際医療科学センター
誌名/書名: 日本集中治療医学会雑誌
巻: 24
号: 5
開始ページ: 535
終了ページ: 541
発行日: 2017年
抄録: 救急/集中治療領域で気管挿管困難症に遭遇する確率は手術室より遥かに高く,かつ気道確保の失敗は致命的な結果を招く。一刻の猶予も許されない状況で使用するレスキューデバイスは「迅速,単純,容易」に操作できなければならない。声門上器具はこれらの観点からはほぼ理想的なデバイスであり,近年麻酔科領域のみならず,救急/集中治療領域のdifficult airway management(DAM)でもその有用性を示す報告が増加している。しかし,本邦の救急/集中治療領域における声門上器具の普及率は諸外国に比して低く,現状では声門上器具が適切に配備されているとは言い難い。一刻を争う事態での安全を確保するために,声門上器具を含め,平時より適切なDAMデバイスを配備し運用しておくことが望まれる。本稿を通し,救急/集中治療領域のDAMにおける声門上器具の役割を再考する。
Difficult airways and severe airway-related adverse events occur much more commonly in emergency departments and ICUs than in operating rooms. Thus, rescue ventilation strategies are indispensable in emergency departments and ICUs. Rescue ventilation techniques in time-sensitive situations must be fast, simple and easy to perform. Considering this situation, supraglottic airway devices are near-ideal instruments. Using a supraglottic airway device is a common first-line rescue ventilation strategy in difficult airway management (DAM) algorithms advocated by several professional anesthesiology societies. Furthermore, supraglottic airway devices are also proving to be useful for DAM in emergency departments and ICUs, and evidence supporting their implementation in such environments is increasing. However, supraglottic airway devices are much less likely to be available in Japanese emergency medical services and ICUs than in other countries. Immediate access to appropriate DAM devices, including supraglottic airways, is essential to ensure safety. The aim of this study was to reappraise the role of supraglottic airway devices in the field of emergency and critical care medicine.
出版者: 日本集中治療医学会
本文の言語: jpn
このページのURI: http://ir.fmu.ac.jp/dspace/handle/123456789/655
本文URL: http://ir.fmu.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/655/1/jjsicm_24_535.pdf
ISSN: 1340-7988
1882-966X
DOI: 10.3918/jsicm.24_535
関連ページ: http://doi.org/10.3918/jsicm.24_535
権利情報: © 2017 日本集中治療医学会
出現コレクション:a10 学術雑誌論文 = Journal Article

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jjsicm_24_535.pdf390.47 kBAdobe PDFダウンロード

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard