DSpace Fukushima Medical University

福島県立医科大学学術成果リポジトリ = Fukushima Medical University Repository >
C 総合科学教育研究センター = Integrated Center for Science and Humanities >
福島県立医科大学総合科学教育研究センター紀要 = The Bulletin of the Center for Integrated Sciences and Humanities >
Vol.1 (2012-11-27) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://ir.fmu.ac.jp/dspace/handle/123456789/334

Files in This Item:

File Description SizeFormat
IcshKiyo_1-p2.pdf163.54 kBAdobe PDFDownload
Title: 二次宇宙線と空気中ラドンとの相関
Authors: 小林, 恒夫
Affiliation: 自然科学講座(物理学)
Source title: 福島県立医科大学総合科学教育研究センター紀要
Volume: 1
Start page: 2
End page: 7
Issue Date: 27-Nov-2012
Table of Contents: 地上に達する二次宇宙線による被曝は自然放射線による被曝の原因のうち約15%を、一方、空気中ラドンは約50%を占める。これらの二つの種類の自然放射線に何か関連はないものかと思い立ち、相関分析を行ったところ、有意な負の相関がみられた。この相関に物理的意味があるのかについて考察を加えた。相関解析の結果、二次宇宙線の気圧効果で説明が可能であること、さらには二次宇宙線の負気温効果を示唆する相関もあることが分かった。時系列解析の結果、まず、空気中ラドンは1/fゆらぎ、二次宇宙線は1/f^2ゆらぎ、気圧は1/f^3 ゆらぎと、この順に規則的な変動へとなっていることが分かった。次に、自己回帰モデルによる周期性探索の観点からは、二次宇宙線、空気中ラドン、および気圧は似通ったパワースペクトルとなることが分かった。さらに、モデルの次数の選択の過程で、本来27日周期である太陽の自転に対応する時系列のゆらぎは、しばしば20日前後の周期性として現れることが分かった。
Publisher: 福島県立医科大学総合科学教育研究センター
language: jpn
URI: http://ir.fmu.ac.jp/dspace/handle/123456789/334
Full text URL: http://ir.fmu.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/334/1/IcshKiyo_1-p2.pdf
ISSN: 2187-3321
Appears in Collections:Vol.1 (2012-11-27)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
IcshKiyo_1-p2.pdf163.54 kBAdobe PDFDownload

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard