DSpace Fukushima Medical University

福島県立医科大学学術成果リポジトリ = Fukushima Medical University Repository >

Usage Statistics


Most Used Items [ This Month  ] This Year  ] Last Year  ] All Years  ]
Statics Summary Year/Month  ] Country ]    

Most Used Items  This Month

Ranking Item Title Downloads
1 臨床判断研究の文献レビュー(1998年~2007年) 248
2 小児ケアに携わる病棟看護師の子どもおよび家族とのコミュニケーションに関する認識 94
3 通院がん患者の療養生活上の課題 87
4 精神科病棟において看護師が患者に抱く陰性感情と看護チームのサポートについての分析 80
5 温泉療法について 温泉行って、美味しいもの食べてきた: 15班 (医学セミナーの試み 2014) 79
6 看護系大学卒業の看護師の看護実践能力を測定する「看護実践能力自己評価尺度(CNCSS)」の適合度の検討 78
7 女性看護師が男性看護師に期待する職務・役割に関する調査研究 74
8 The characteristics of non-respondents and respondents of a mental health survey among evacuees in a disaster: The Fukushima Health Management Survey 69
9 From Hiroshima and Nagasaki to Fukushima 2: Health effects of radiation and other health problems in the aftermath of nuclear accidents, with an emphasis on Fukushima 60
10 看護基礎教育から継続教育における看護実践能力の育成内容 55
11 入院している子どもに付き添う家族に関する文献検討 50
12 周手術期患者に対する病棟看護師の臨床判断 48
13 わが国における新卒看護師に関する文献の検討 47

ウェルネス志向を取り入れた母性看護学の展開 47
15 母親のメンタルヘルスに影響を与える要因の検討 : 妊娠届出と新生児・妊産婦訪問の記録の分析から 45
16 看護実践能力を測定する2つの質問紙(尺度)の構成概念の比較検討 44
17 新卒看護師が認識する先輩看護師からのサポート 43
18 スポーツ医学から考える筋トレの意義: 14班 (医学セミナーの試み 2014) 40
19 平成31年・令和元年(2019年)福島県立医科大学業績集 38

Cervical spinous process bifurcation is not useful as a landmark in posterior cervical spine approach 38
21 病棟看護師が終末期がん患者の在宅療養に向けた支援で抱く思い 36

長期療養が必要な病児をきょうだいにもつ子どもへの支援に関する文献検討 36

早期離床に対する看護師の認識と課題 -プロジェクトFの活動を通じて- 36
24 Dietary pattern changes in Fukushima residents after the Great East Japan Earthquake: the Fukushima Health Management Survey 2011-2013 35
25 退院支援におけるInterprofessional workに求められるもの : 回復期リハビリテーション病棟の専門職の視点から 34
26 がんサバイバーシップケアの研究の動向に関する英字文献レビュー 33

Estimation of frequency difference at which stream segregation precedes temporal integration as reflected by omission mismatch negativity 33
28 Spatiotemporal alterations of autophagy marker LC3 in rat skin fibroblasts during wound healing process 30
29 看護学生が日常的に個人利用可能なストレス低減ツール開発の試み②:ストレス・コーピングと解決志向アプローチの「例外」の日常的記録を中心に 29

The telomerase plays a pivotal role in collateral development under ischemia by suppressing aging-induced production of oxidative stress, expression of p53 and pro-apoptotic proteins 29

臨床研修医の自己効力感が研修到達度、仕事・生活・研修満足度、および気分の状態へ与える影響の検討 29

Studies on molecular mechanisms of SNAP-23 in phagocytosis 29

リフレクティングを用いた支援方法の実際を学ぶ オープンダイアローグ発祥の地フィンランドを訪ねて 29
34 集中治療室における新人看護師の看護技術達成度 : 新人看護師の自己評価とコーチによる他者評価を用いて 28

羊胎仔慢性実験モデルにおける子宮内感染が胎仔心拍数細変動に与える影響 28
36 A cross-sectional study on characteristics of physical activity in pre-frail older adults 27
37 Glycosylation controls cooperative PECAM-VEGFR2-β3 integrin functions at the endothelial surface for tumor angiogenesis 26
38 乳幼児期の孫育て研究の動向~1994年から2018年に報告された文献レビュー~ 25

A県内の救急外来を受診する子どもと家族の現状と課題,小児救急看護の実際 25

Factors associated with enrollment and adherence of outpatient cardiac rehabilitation in Japan 25

Feasibility of gamma camera-based GFR measurement using renal depth evaluated by lateral scan of 99mTc-DTPA renography 25
42 ナツハゼ果実のA型インフルエンザウイルス感染阻害活性に関与する成分の探索 24

Lingering health-related anxiety about radiation among Fukushima residents as correlated with media information following the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant 24

造血器腫瘍患者の感染対処の継続に関するセルフ・エフィカシーの分析 : 化学療法による骨髄機能低下期に焦点をあてて 24

Mitochondrial-targeted antioxidants improve age-related collateral development with ischemia 24

福島県における摂食・嚥下障害のある患者ケアに関する実態調査 24
47 Father-child bonding among Japanese fathers of infants: A municipal-based study at the time of the 4-month child health checkup 23

救急/集中治療領域のdifficult airway managementにおける声門上器具 ─その役割を再考する 23

Chapter I. Recovered left ventricular ejection fraction and its prognostic impacts in hospitalized heart failure patients with reduced ejection fraction / Chapter II. Liver dysfunction assessed by model for end-stage liver disease excluding INR (MELD-XI) scoring system predicts adverse prognosis in heart failure 23

Argon plasma coagulation for intractable nasal obstruction occurring in patients with allergic rhinitis 23

 

DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard